• ホーム
  • タワーマンションに住むならどっちがよい?賃貸or分譲

タワーマンションに住むならどっちがよい?賃貸or分譲

2019年08月26日

タワーマンションに住む場合には、賃貸物件を借りるか分譲物件を購入するかという二通りの方法があります。
長期間住み続ける場合には不動産価格や賃料のバランスを考えて、生涯コストの少なくなる方法を選ぶことが大切です。

タワーマンションは基本的に分譲物件ですが、オーナーによっては自分で住むのではなく、賃貸物件として資産運用をするケースがあります。
部屋が売れ残ってしまった場合には、不動産デベロッパーが費用を回収する目的で賃貸物件として活用する場合もあります。
これら以外にも、不動産REITと呼ばれる投資のために賃貸物件に使用される部屋が増えています。

分譲マンションに住む大きなメリットは、賃料が不要で管理費の負担だけで済むことです。
住む期間が長い場合には、分譲物件の方がお得になるケースがあります。
不要になれば賃貸物件に活用したり売却したりできるので、資産価値があります。

分譲物件のデメリットは、購入する際に高額な初期費用が必要になることです。
住宅ローンを利用する方法もありますが、長期にわたり返済すると金利の負担が大きくなります。
賃料が不要ですが、住宅ローンを返済する負担があります。
維持費用が高額なタワーマンションは場所によっては買い手がつかず、不動産価格が大幅に下落してしまうケースもあるので注意が必要です。

住む期間が短い場合には、賃貸物件を利用することで生涯コストを安く抑えることができる場合があります。
大きなメリットは、初期費用が少なくて済むことです。
最初に負担するのは敷金だけで、以後は毎月賃料を払うだけです。
一般的に賃貸物件の家賃は値上がりすることがないため、インフレで金利相場が上昇しても賃料は変わりません。

住む期間が長い場合でも、賃貸物件の方がお得な場合もあります。
資産価値の下落を気にする必要がないので、引っ越しをする場合には契約を解除するだけで済みます。
分譲物件で売却をする場合、もしも資産価値が大幅に下落すると結果的に高いコストを支払うことになりかねません。
都内では2020年の東京オリンピックに向けて、大量のタワーマンションが建設されています。
日本の人口は減少し続けていることを考慮すると、近い将来に供給過剰に陥ることで物件の相場が下落するリスクがあります。

タワーマンションの数が少ない時代であれば、分譲物件を購入しても資産価値が大幅に下落する心配はありませんでした。
近年は東京以外の都市部でも居住用のマンションが大量に供給されているため、立地条件によっては資産価値が下落するリスクがあります。
分譲か賃貸のどちらかを選ぶ際は、不動産価格の相場を考慮することが大切です。